メイキュウHOLIC-詩的迷宮中毒館-

基本は詩なのに絵も写真等も扱う謎の自己満足的ブログ。
プロ野球オフシーズンは特に活発的になる模様。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< テンパリモード全開中。 | main | いぇ〜(笑) >>

あ〜あ。。。。

今日から11月って・・・書くつもりが昨日からになってしまったよ。
まぁ、気を取り直します・・・・。良いんですよ・・別にさ・・・。へッ・・・・・。_| ̄|○ガクーリ


今日は〜・・・詩ですv(溜め多いなー・・・。
雨が好きなため雨の詩が多いし・・・。どうも・・ね。
雰囲気が好きなんです。雨の。あ、大雨じゃないと好きじゃないです(笑)
何でかって云うとですね・・・。小雨だと「なんて降ってんだよ!」的な想いになるんですね〜(笑)
長いですよ〜(笑)長い詩です。


「儚き雨 傍に居たい」

窓辺に手をかけて
頬杖をついて君は
雨音と雨粒と空と
何を見ているの?

窓の外に伝う水滴
ただただ見つめる
時折その細い指で
伝う水滴を追いかけ

「儚いのね。雨は。」

君の声のほうが儚げ
君の瞳は穏やかな瞳
目を細め目線逸らし

「でも私、好きよ。雨。」

なんで?と僕が尋ね
君はくすっと笑いだし
小首を傾げ肩も竦め

「私にも分からない。
 物悲しいから?」

予想外の言葉に驚き
思わず拍子抜けした

君は振り向きざまに
いたずらっぽく笑う

「雨は出来るだけ長く
 振っていて欲しいわ」

髪を掻きあげてふと
もう一度窓辺を見つめ
息でガラスを曇らすと
指で何かを書き記す

<I want to be
in by the side.>

ふいに僕を見あげて
僕の手を引く君

「雨の止む前に少し
 出かけてみない?」

窓に君が書いた言葉
『何時までも傍に居たい』

何処に行くのか決めず
街を出歩いてみた
君の好きな雨の中



以上。後々イラストを書くつもりでいます。
お楽しみですねv(違うから)
| permalink | comments(1) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント


世間は不況で騒がしいけど、はっきり言って俺には無縁だねw
ち ん こ触らせてあげて顔にぶっかけてあげるだけで5万貰えるしw
いやー世の中チョロイっすわwwwwwww
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://distanceholic.jugem.jp/trackback/10
この記事に対するトラックバック